オンライン指導対局とは?【塚田恵梨花先生の場合】

オンライン将棋講座

「オンライン指導対局を受けてみたいけど不安…」

このような悩みを抱えている方もいるかもしれません。

今回は、女流棋士の【塚田恵梨花先生】のオンライン指導対局を受講したときの経験をお伝えします。

〜この記事を読むとわかること〜

  • オンライン指導対局受講までの流れ
  • 実際に準備しておいた方がいいこと
  • 対局の様子
  • 受講してからの変化

これからオンライン指導対局を受講してみたい方、興味がある方はぜひ参考にしてください。

受講前の準備

①塚田先生のツイッター登録→情報収集

塚田先生の場合、オンライン指導対局の募集はツイッターからです。

アカウントはこちら →https://twitter.com/erika_1998_

以前、告知後に一瞬で枠が埋まってしまったことがありました。

Twitterから通知が来るようにしておくと、対応しやすいです。

②将棋倶楽部24のアカウント取得

指導対局は、将棋倶楽部24で行われます。

アカウントがない場合は、準備しましょう。無料で作成できます。

将棋倶楽部24
公益社団法人日本将棋連盟公式のインターネット将棋対局サイトです。会員数は30万人以上です。無料で会員登録および対局ができます。iOS・Androidアプリもあります。

③手続きをして申し込む

ツイッターで告知があったら、日時を確認して申し込みます。

支払いは、カードや電子マネーも使えます。

私が受講した時は、コンビニから現金で支払いました。可能なら、カードや電子マネーの方が便利かと思います。

④メールの受信

対局前に、運営の方から指導対局についてメールが来ます。

この時に、パスマーケットで登録したアドレスに連絡がきます。

受講される方は、お気をつけください。

対局に向けた準備

将棋倶楽部24の15分30秒で練習しました。希望の手合いを事前に想定して準備しておくと、より対局が楽しめるでしょう。

私はその他に塚田先生の棋譜を調べて、どんな形になるかも想定しました。

どの戦法を選択するか、想定局面などを考えるのも楽しい時間です。

対局当日

早めにログインして、待機しましょう。

私は、万が一のトラブルに備えて30分前に入室しました。

zoomを使っての対局は、初めてだったからです。

zoomと将棋倶楽部24を同時に使用するので、回線に不安がありました。

念のため、パソコンから接続して受講することにしました。

これで準備万端のはずでしたが……

対局直前

いよいよ対局です。

接続がつながり、挨拶をかわします。ところがここでトラブル発生。

「あの、私の声聞こえますか?ふたみさんの声が聞こえないみたいで」

予想外のことで、血の気が引きました。ただ、塚田先生は冷静で、

「大丈夫です。ちょっと一緒に原因を考えましょう」

どうやら、zoomの接続には問題がないことが判明。では一体……

もしかして、ヘッドフォンのマイク!と気づいたのがほぼ同時でした。

私のヘッドフォンマイクがオフだったのです。

ここまでの所要時間は約3分。

事前に、zoomについて勉強しておきましょう。

できれば、棋友に相談して同じ環境で準備されると安心できますね。

zoomには、マイクテスト機能があるので、当日はそれでチェックしておくと万全です。

トラブルがありましたが、なんとか対局できることになりました。

対局前に塚田先生から、下記について質問されます。

・手合い

・希望の戦型

事前に準備しておくと、スムーズに対局に移行できます。

対局開始

一礼をかわし、対局です。

対局が始まると、緊張と手汗もおさまりました。

塚田先生の表情を見ると、いつもの優しい笑顔とは一変。

そこには、「勝負師 塚田恵梨花女流初段」のオーラがありました。

ぜひ、体験してご自身の目で確かめてみてください。

対局結果は、塚田先生の猛攻を受けて敗れました。

感想戦

当時は60分の設定時間でしたが、なんとか対局が無事終わりました。

(現在は90分に変更されています。)

感想戦では、とても丁寧なアドバイスをいただきました。

こちらに一瞬チャンスもあったようで、気づかない視点を学べて嬉しかったです。

最後に一礼をかわして終了となりました。

受講後の変化

  • ますます将棋が好きになった
  • さらに将棋が楽しくなったことを実感

今も、当時の棋譜は残っていて盤に並べて楽しんでいます。

棋譜が宝物として残るのが最大の特典でしょうか。

ぜひ、オンライン指導対局を楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました